T@ka.'s Life Log Book

グルメ関連以外のLifeWorkな内容はこちらに整理していきます。

その他の活動、連絡先などはこちらを参照して下さい。

http://bit.ly/TakaProf

Apps

スポンサーリンク

【Event】「使える」英語力を身に付けたい方必見!アルク英語学習イベント

AMNさん経由で、株式会社アルクさん主催のイベントに参加して参りました。


【Event】「使える」英語力を身に付けたい方必見!アルク英語学習イベント
http://fansfans.jp/campaigns/detail/672

SPACE ALC
http://www.alc.co.jp/


えー?
タカが英語?
って、私自身も思うんですが、まぁまぁ。。。(苦笑


この日のイベントはこちらiOS(iPhone&iPad)アプリのご紹介。

uListening
http://www.alc.co.jp/elearning/app/ulis/
http://itunes.apple.com/jp/artist/alc-press-inc./id311444037

アプリ自体は無料で、コンテンツにコンテンツ内課金が
有るタイプです。

こちらのアプリ。

「英語関連の教材屋さんがコンテンツ売るためのアプリでしょ」

まぁ、かくいう私もその程度かな?って思ってました。

この日、このアプリと英語の学習法の説明を頂き、
少しはやってみてもいいかな。興味のあるところはね。

って、思い直しました。


さて、
今回のプレゼンテーションはアルクさんの英語教師の福江友樹さんに
担当頂きました。
後で調べても分かったのですが、各所でとっても評判の良い講師です。

ご自身の高校生時代の留学時の体験談などのアイスブレイクから始まり、
とても魅力的でわかりやすいお話をする先生でした。

ポイントとして、
「アウトプットに繋がるためのヒアリング」
これは言い得て妙。

読書や情報収集についてもあてはまるのですが、
その通りですね。

リスニング学習のポイントとして以下を挙げて頂きました。

  1. まず聴く。
  2. スクリプトを見て聴く。
  3. 精聴
  4. リピート学習
  5. シャドーイング学習

ふむふむ。

uListeningアプリに無料で付いている教育素材を使って
実際にまず聴く。

何も見ずにまず聴く。だそうです。
何度でも何度でも何度でも聴く。
聞き倒す。

ふむ、アプリ制御なので、
|?? こんなボタンで簡単に戻れますね。


そして、文字列になっている英文。
スクリプトって呼ぶそうです。
(スクリプトって言えば、ほら。とかは思わなくていいみたい)

今度はこちらを見ながら聴く。聴く。聴く。
これがまた聞けるものでです。
この辺りからアプリの機能として最高なのが、
3秒戻すボタンが付いてます。
これ、最高です。
そして、スピードコントロール。
速度が0.5倍~2.0倍まで自由にコントロール出来ちゃうんです。

この辺りから、ビデオでもご紹介します。
是非見てみて下さい。


そして、
次に精聴
ビデオでも説明していますが、簡単な操作でのリピートが可能。
英辞郎というアルクさんが無料で運営している辞書ソフトへの
連携も可能。
範囲指定が出来るのでターム毎のリピートなどもお手の物。
これは便利です。

そして、リピート。
リピートは聞いてから、止めて、同じ抑揚でリピートすること。

その後はシャドーイング。
シャドーイングとは、再生の2秒後くらいに同じ抑揚で追いかけること。

もうちょいいうと、スクリプトを見てやるか見ないでやるか。
を組み合わせともう少しステップが。

見てリピート、見ないでリピート、
見てシャドーイング、見ないでシャドーイング


もうかれこれ15年くらい前ですが、
当時のMDプレイヤーを使って、細かく刻んで教材を作ってくれて
似たような仕組みにトライした事がありましたね。
まぁいろいろな理由はあったのですが、
続けることは出来なかったです。

で、
継続のためのモチベーションコントロール。
こちらについてもお話頂きました。


うーむ。
ちょっと私は、これだけで行け!って程の
モチベーションでは無いのですが、
英語の取り組みに悩んでらっしゃる方。
とりあえずPlayerは無料ですし、そこに無料のコンテンツも
少しだけあるので、上のビデオなんぞを参考にやってみてはいかがでしょうか?

私は、今回のイベントで試聴用としてアルクさんから提供頂いた
iTunesCard(1500円分)を使って、
English Journal 2011/04号を購入してみました。
http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/0011041

まだちゃんと聞いてないのですが、
こちらはスティーブジョブスが、iPhoneの発表のプレゼンという事で
「電話というものを再発明する」って書いてあったので、
2007/01のMacworldのプレゼンかな?

こちらですが、これだけはちょっとやってみようかと思っています。
ジョブスは既に居ないのが寂しいですが聞ければ嬉しいな。
ジョブスのスタンフォード大の卒業式のプレゼンや、
TEDの様々な方のプレゼンが、詳細にはわからないまでも、
ある程度わかったら嬉しいかも。と、思っています。

カンファレンスなどに行っても同時通訳貸してもらえますが、
ほんとはね。

この日は、WBSの取材も入っていたのですが、
オンエアでは使われなかったみたいですねー。


そんな訳で。
非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。





最後にちょっと補足ですが、このアプリの凄いところ。

  • 教材ではない音源もスピード変更や3秒バックが出来たりする。
  • リスニング時間の目標設定と記録が出来たりする。
  • 今のところiOSのみだけど、iPhoneでもiPadでもサーバーにリスニング時間集計が統合して出来たりする。
 補足:たぶんID発行と時間だけなので例えアンドロイド版が出来ても搭載されるだろうな。

この辺りですかね。


実は、当たり前ですが、語学学習の老舗であるアルクさん。

uListeningのPDF資料をご用意頂きました。
http://bit.ly/ulis_book

こちらに上記にレポートしたしたことなども書いてあるのですが、
アルクさんの教材の守備範囲、レベルなどが整理されている表が
ありまして、こちらがなかなか凄いです。
プロダクトも価格も一覧できるので是非。


最後の最後に。
私が試用でダウンロードした、
English Journal 2011/04号ですが、02/09まで
SALEでブックビューアとリスニングツールのセットで700円です。

書籍版は完売で、ダウンロード版も確か春頃迄の期限付きなので、
興味のある方はとりあえずSALEのうちにダウンロードしておくのも
いいかもしれません。


Post by

【Event】無印良品iPhoneアプリブロガーイベント/無印良品のこだわりを体感してみよう

AMNさん経由で無印良品でお馴染みの良品企画さんに招待頂き参加して参りました。

無印良品iPhoneアプリブロガーイベント ~無印良品のこだわりや使いやすさを体感してみよう~
http://fansfans.jp/campaigns/detail/485

MUJI NOTEBOOK & MUJI CALENDAR ブロガ―イベントレポート
http://www.muji.net/lab/project/app/110914.html


最初、無印良品さんからiOSのアプリが出るって聞いて
はて?なんで?

って、正直思いましたが、無印良品さんの得意とする
ステーショナリーの分野でiPhone、iPadのアプリを開発するのは
よく考えればあまり妙な話では無いな~と。続きは会場で伺おうって事で。

今回のブロガーイベントでは以下の二種類のiOSアプリの紹介です。

●MUJI NOTEBOOK(2011年7月15日発売)
iPhone版(350円)
http://itunes.apple.com/jp/app/id444715197
iPad版(450円)
http://itunes.apple.com/jp/app/id397351449
●MUJI CALENDER
iPad版(無料)
http://itunes.apple.com/jp/app/id396882964
iPhone版(2011年9月上旬発売予定)※イベントは8月末に開催

実は、iPhone版のMUJI CALENDAR発売にあわせてブログをアップするつもりで
引っ張っていたのですが、今日現在、まだ発売されていないので、
ちょっと見切り発進でご紹介します。

現在は、NOTEBOOKの方は、iPad版、iPhone版のいずれも出ています。
CALENDARの方は、今日現在はiPad版のみですが、近日中に公開予定なはずです。

有償アプリだったり開発中だったりですが、当選連絡を頂いてから
有償アプリはプロモーションコードの提供と
開発版はプロビジョニングファイルと共に提供頂けたので
事前にひと通り触ってからの参加となりました。

事前にUUIDを伝えるAdHocビルド?の方式は、以前、30min.さんのアプリ
(リリース名はspoon)で協力させて頂いた事があるので慣れたもんです。

イベントでは、まず冒頭でWeb事業部奥谷さんより、

無印良品のコンセプト、歴史、最近のSNSなども複合的に活用している状況。
そして、アプリケーション開発につながる流れについてご説明頂きました。

会場は役員会議室っぽい大きなサークル状の会議室だったのですが、
今回は和やかな雰囲気でしたが、普段は状況によっては怒号が飛び交う部屋だとか。
なんか目に浮かびますねー。
おそらく良品企画さんの社内は企画、アイディアの検討会議が四六時中続けられてるでしょうし
ひとたび投資するとなるととんでもない費用も動くでしょうからねー。

なんて。思ったりして。


さて、続いてはMUJI CALENDAR for iPhoneの開発者の深津貴之さんから。

深津さんはアプリ開発者として有名ですが、実際目の前でお話を伺うと
うーん。なんか「頭いい」オーラが(笑

話もとっても面白かったのですが、やはりカレンダーアプリって、
先行にGoogleカレンダーだったりiCalという立ちはだかるモノがあって、
独自仕様で開発しても仕方がない。iPhoneはiPhoneのルールで考える。
という発想の転換的なお話をされていて印象的でした。

私はスケジュール管理は、Googleカレンダーに基本的に全て入れてあって、
iPhoneではカレンダーをGoogleカレンダーに連携させて、
androidではジョルテをGoogleカレンダーに連携させて、
Winでは、ブラウザベースでGoogleカレンダーを見ていて、
Macでは、ブラウザで見るかiCalをGoogleカレンダーに連携させて、
見ています。

結局、このイベントの日を境に、iPhoneのトップに居たカレンダーは
後ろの方のページにお引越し頂いて、先頭にはこのMUJI CARENDARが
燦然と輝く事になりました。
そして、しばらくはiPhoneのカレンダーの連携はそのままにしていたのですが、
ついに連携設定も外してしまいました。

苦言としては、ローカルにある程度キャッシュもしているみたいなので、
起動時に先にそれを出してくれればいいんですが、まずネットワークアクセスから
変更のチェックに行ってるみたいなんですよね。
その辺の動きがもうちょい改善されるとカンペキなのですが、
その日に戻るUIや、原則的に上下のみで動くUI、定型文の入力など、
ちょっと気に入っています。

正式版がもう出るはずでしたし、着々と改善開発は継続するそうなので
待ってるのですが、今日現在ではまだ出ていないようです。
でも、なんかiPhone使いの主力アプリになるのは間違いないかもしれません。

ちなみに、会場でも意見が出ていましたがAndroid版も熱望したいところですね。


続いて、
MUJI NOTEBOOKです。
こちらの開発はタクラムの田川欣哉さん。

これまた田川さんですか!って感じではありますが。

iPhoneしか使ってない&iPad使うくらいならMBAが持ちたいってんでMBA使いの私的には、
どうもこの手書き系のメリットというか、イメージがわかないんですよね。

まぁでも田川さんのお話に引きこまれつつ、iPadを使うようになったら、
コレに決まりだな。とか思ったりして(笑
iPhone版もあり試用させて頂いていました。
使い慣れればまた新たな発見があるのかもしれないのですが、
どうしてもテキストベースでの進め方をしたいと、
Evernote側の方がしっくり来てしまう感じが今の印象です。

まだ開発も継続されているそうなのですが、機能面で驚いたのは、
下敷き機能(笑
ちょっと説明が難しいのですが、正式にはリストプロテクション機能。
特にタブレットの場合などは画面の上に手を置くことになる場合があると思うのですが、
設定した範囲は反応しないように出来ます。
これは結構使えるような気がします。

で、やはり今後タブレットの市場は拡大していくと思うので、iOSだけでなく
AndroidやWin系のOSなどへの展開を検討頂ければと思います。



カレンダーやノートのアプリケーションというのは、
スマートフォン、タブレット、PCそれぞれでもアクセスするタイプのアプリケーションで
可能であればどんな環境でもアクセス出来るようにしたいところです。
具体的にはEvernoteなのですが、こちらは私が使っている各種デバイスから
コンタクトできるようにしてあり、緩い同期感覚が気持ち良い感じです。
あれはあれで今後どうなっていくかはちょっと微妙なのですが、
MUJIの2つのアプリとも今後もコミュニケーションデザイン的に、
使われ方を開発と言うか設計しつつよくなっていって頂けるととっても嬉しいです。

少なくとも、カレンダーは完全に主力選手として稼働を開始しています。
プロビジョニングファイルの有効期限が迫っているメッセージが出て、
ドキドキしています。
そろそろ連絡を頂けることを楽しみに待っています(笑



あ。
それからイベント終了後にこんなにいっぱいおみやげ頂いちゃいました。
ありがとうございました。


実はそのまま家族に渡して、私はどうなったのか知らないんですが、
私以上に無印好きなユーザーなので勘弁して下さい(笑



Post by

【Event】クラウド名刺サービス「名刺BOX」ブロガーイベント #meishibox

AMNさん経由でインフォコムさんに招待頂き参加して来ました。

名刺管理をもっと便利に! クラウド名刺サービス「名刺BOX」ブロガーイベント
http://agilemedia.jp/blog/2011/06/box.html


名刺BOXとは?

名刺BOX
http://promo.meishibox.jp/


名刺共有クラウドサービス

だそうです。

ふむふむ。なるほど。
名刺ってこの先どうなるんだろう?

巷での名刺管理ネタでは、豚組の中村社長のこちらの記事が一時期大絶賛でした。

http://blog.hitoshi.net/2010/11/名刺をEvernoteで管理する方法をまとめてみたよhtml

いろいろ思うところはありながらも基本的に中村社長に同意なのです。

そういう思いもあり、サービス的にどんなもんだろう?とも思って伺いました。

事前に連絡を頂き、名刺を100枚ほどスキャンして頂けるそうな。
イベント時間中にスキャンするんだー。凄いなーとか思いつつ。

本業名刺は数百枚とかになっちゃうのですが、
プライベートな名刺のみをかき集めて100枚は超えていたので、
多少は選別してみまして100枚を持参してみました。

当日、受付でお渡しして会場へ入りました。

こういうサービスって、いろいろと難しさがあるのですが、
良さそうなんだけど、もう一つ。という印象が拭いきれません。


こちらに記載の機能は確かに良さそうなんですが、



実際どうなんだろう?って思ってしまって。

プレゼンを伺いながらもいろいろと突っ込んでしまってすいませんでした。
ちょっと気になるところが多くって。



名刺の管理に苦労されている方は、来月(2011年08月)いっぱいは
キャンペーンで有償の名刺登録代行のサービスが無償ですので
試してみてはいかがでしょうか?

名刺登録代行 体験キャンペーン実施のお知らせ
http://promo.meishibox.jp/news/2011/06/post.html

実は、当日持参した100枚の名刺はこのサービスのトライアルで、
更にスキャンもやって頂くサービスを適用してもらいました。

有償サービスである郵送の名刺登録サービスとほぼ同等となります。

という訳で、100枚持参して、その日のうちに戻して頂いたのですが
実はスキャンだけしていただいていたみたいで、当然、名刺BOXの私のアカウントは
空っぽでした(笑

で、しばらくして登録されていたのですが、入力不可だったのが14件。
しかしながら、これらは全て、名前なんだか肩書きなんだか芸名なんだか、よくわからないタイプ(笑
まぁこればっかりはやむを得ないかな。と。

で、80数枚のデータが投入された状態で本サービスを使ってみました。

とっても良いと思ったのは、企業ニュースという機能。
http://promo.meishibox.jp/service/reason/reason04.html

登録されている企業などに関連するニュースへのリンクが自動的に作成される。
これはかなり便利かもしれない。
ここを起点に動くなどは大切かも。

後は、、、
やはりアクセス時のスピード感が厳しいです。
iPhotoくらいのアクセススピードでたぐれるのって、
実はとっても必要なのかなーとか思ったり。

名刺のデジタル管理の鬼門は、情報の入力にあります。
かつて、ScanSnapのイベントの時に文具王さんが力説されていましたが、
OCR機能がまだまだ発展途上なので、JPGで記録。
いつか技術が追いついてJPGからOCR機能で読み込めるだろうと。
文具王さんも中村社長もほぼ同様の事をおっしゃっていました。


実際自分はどうしているかというと、名刺交換はいっぱいするのですが、
継続的なコンタクトはメールのやり取りが入るので、メーラー、署名などが肝で
名刺はほとんど活用できていないという状況。

まず初めてお会いした方にご挨拶という点ではとっても良い習慣だな。って、思う反面、
この無駄な習慣何とかならないのか?とも思うところで。

しばらくこちらのサービスは喜んで使わせて頂きますが、この先はちょっとわかりません。




Post by


follow us in feedly amnbadge-300d

Life Log Bookサーチ
T@ka.関連ブログ検索
スポンサーリンク
プロフィール
ギャラリー
  • 周りの音も聞こえるソニーワイヤレスヘッドセット【Goods】
  • 周りの音も聞こえるソニーワイヤレスヘッドセット【Goods】
  • 周りの音も聞こえるソニーワイヤレスヘッドセット【Goods】
  • Xperia 新製品タッチ&トライブロガーイベント【Event】
  • Xperia 新製品タッチ&トライブロガーイベント【Event】
  • Xperia 新製品タッチ&トライブロガーイベント【Event】
  • Xperia 新製品タッチ&トライブロガーイベント【Event】
  • Xperia 新製品タッチ&トライブロガーイベント【Event】
  • Xperia 新製品タッチ&トライブロガーイベント【Event】
  • Xperia 新製品タッチ&トライブロガーイベント【Event】
  • Xperia 新製品タッチ&トライブロガーイベント【Event】
  • Xperia 新製品タッチ&トライブロガーイベント【Event】

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
食べログ グルメブログランキング ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
最新記事